月12万円しか使わない医者の家計の内訳&連休の過ごし方 ~医者の節約ブログ~

お金の増やし方 貯金と資産運用

医者と聞くと、年収2000万!とか、車は高級車!とか華々しい生活をイメージされる方が多いと思います。

しかし、もらったお金をそのまま使っていてはいつまでたっても貯金額は増えません。

私は総資産一億を目指して節約生活に励んでいます。そして月の出費は12万程度で済んでいるため、今日は家計の内訳や節約に対する考え方、連休の過ごし方などについて書いていきたいと思います。

医者は浪費家?月12万円の医者の節約生活

医者としては優秀でも、激務のストレスの解消のためか金遣いが荒い人は多いです。

海外旅行に年2回行くので、貯金は300万位です

自分も一時期はもらったお金の大半を使う生活をしていたのですが、このままではいけないと思い、貯金をするようになりました。

そして、今では節約生活に励んでいて、月の出費は12万円程度です。

大まかに内訳を書くと

  • 家賃  無料(病院から住宅補助の範囲内で居住)
  • 光熱費 1万
  • 食費  6万
  • 交際費 5万(洋服代月2万、飲み代やデート代等が3万)

で概ね12万円でやっています。

家賃が無料なのと、保険等に入っていないことが大きいですね。

通信費は格安sim+住居に備え付けのwifiで月3000円で済んでいます。

車代は病院の近くに住むことで車をそんなに使わないため、二か月に1回程度の給油で済んでいます。

車検や車の保険代を内訳に入れていませんが、多く見積もっても年間20万円程度です。

また、食費は独身なのに月6万程度あるため、毎日外食ですが、おいしいごはんを食べています。ふるさと納税で果物や炭酸水、ビールなどももらっているためそれなりに贅沢な生活をしています。

また、旅行には忙しくてなかなかいけませんが、別に年間50万円程度までは使っていいことにしています。

固定費を徹底的に減らして生活することで、貯金額を最大化することを狙いつつ、人との飲み会や旅行等に対してはしっかりとお金を使うというメリハリのついたお金の使い方を心掛けています。

そして貯蓄率は去年は浪費気味だったのですが60%で、今年の貯蓄率はなんと80%程度になっています。

節約医師の5連休の過ごし方

そんなに節約していて、例えばGWとか4連休の時はどう過ごしているの?と疑問に思う人も多いかと思います。そこで今週の休みの過ごし方を今日は書きたいと思います。

大体連休の時は旅行に行くのですが、コロナ窩で医療職は流石に遠出は無理かなということで、家でデートしたり、筋トレをしたり、糖尿病の勉強をしたり、youtubeを見たり…とゴロゴロ過ごしていました。デートの時は大体二人で1万円位のお店で食べるのですが、今回は家で料理を作ってくれたため節約になりました(笑)。

また、毎日ブログを更新することも今月は日課にしていて、それで毎日3時間程度は時間を使っています。このブログはまだ一日に20人程度しか見られてないみたいですが、もっとたくさんの人に読まれるようになったら嬉しいな~と思います。

月12万円しか使わない医者の家計の内訳&連休の過ごし方まとめ

医者でも月12万円で暮らすための方法や連休の過ごし方等について今日は書きました。まだまだ駆け出しの医者で、まだまだ貯金額も1100万程度しかないのですが、35歳までに総資産一億を目指してこれからも頑張っていきたいと思います。

何か、感想やコメント等ありましたらお気軽にコメントください。返信しますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました