医者が億り人になる方法 ~10年で誰でも総資産一億へ~

お金の増やし方 貯金と資産運用

こんにちは精神科医の大塚です。

私は総資産一億を目指してブログを書いていて、現在1000万程度の資産を築きました。

研修医も含めて約3年で、総資産1000万に到達していて、あと8年で億り人を目指しています。

今日はその計画を立てる上で考えたこと、

「医者が何年で億り人になれるのか」ということを考えていきます。

月に70万貯めれば10年で億り人になれる

単純な積み立て複利計算ですが、

  • 月に60万貯める+投資で年利3%とすると大体12年目に億り人になれます。
  • 月に70万貯める+投資で年利3%とすると大体10年目に億り人になれます。

月の貯金額を60~70万と聞くとやや多く感じると思いますが、

私は後期研修医ですが、月70万程度貯金できています。独身の医師であれば、月60万~70万程度は貯められると思います。また、結婚相手が女医さんなら更に貯金ができると思います。

年利を3%にしている理由としては、

投資の世界では年利5%程度(100万が一年で105万)が相場とされていて、安全な資産運用をしたとして年利3%で計算しています。

もちろん、年利10%を超える投資がないわけではありませんが、リスクとリターンは基本的にはトレードオフのため年利10%を超える投資はそれ相応の損するリスクが伴います。

何歳で総資産1億になりたいか

自分の感覚では40歳で一億を持っていてもという感覚があって、そのころには結婚もしているでしょうし、独身時代と同じように貯金はできないと思います。

実現可能性を考えないと自分は30歳までに総資産一億を持っていたいと思いました。

しかし、医者はスタートが遅いんですね。初期研修が終わって、まともに稼げるようになる後期研修医になるには最短で26歳。30歳まで5年しかないんですね。

なので現実を見て30歳代で総資産一億を目指すという目標にしました。

貯金、資産運用の実際

億り人を目指すための貯金の仕方

勤務医の平均年収は1200万。手取りで言うと900万程度。それを12で割って、

平均の手取りは月で75万程度ですね。

医者は当直バイトや外勤の日数を増やすことで容易に収入を増やすことができるので、支出に応じて収入を増やせるところがいいですよね。

また、院に行くことや大学で働くことは資産形成の面だけで考えると大きなマイナスです。

そして支出は月20万~30万程度を目指します。日本の平均年収は420万で手取りは350万程度。つまり12で割って、日本人の平均月収は30万程度です。なので月30万で生活ができないはずがないです。

医者の平均程度稼いで、日本の平均年収を使い切る生活をしても月45万(75万-30万)貯めることができます。

そして、月45万でも年利3%で運用すれば15年で億り人になれます。

自分は30代で億り人になりたいため、バイトを頑張る+支出を少し減らすことで

現在の月収は月80万程度で、支出は月12,3万程度で月に70万程度を貯蓄しています。

これなら資産運用を行えば、約10年で資産が億に到達するため30歳代で一億に到達できるなと考えております。

億り人になるための投資の仕方

資産形成と聞くと、投資が大事に感じますが、実はそこまで影響は大きくないです。

ただ単に貯金したときと年利3%で運用したときって目標の実現が2年縮まるぐらいなんですね。

  • 月70万貯金→年間840万貯蓄→約12年で総資産一億
  • 月70万貯金、それを年利3%で運用→約10年で総資産一億

もちろん2年も大きいですが、貯金額の影響のほうが投資の影響よりも大きいんですね。投資はリスクがあり、また、初心者をカモにした商品も多いため罠に気を付ける必要もあります。しっかり時間を取って勉強できるなら別ですが、片手間に資産運用する場合は高いリターンを求めるのは難しいと思います。

なので資産運用は比較的に勉強が少なくて済み簡単なインデックス投資でほったらかしにしておくのが良いと思います。特に米国株のインデックス投資がおすすめです。

一億を作るのに投資はそこまで重要ではないですが、一億を貯めた後は投資が大事になります。

一億を貯めて、それを年利3%で資産運用すると安定的な運用でも年間300万位の不労所得が生まれることになります。これは大きいですよね。一億貯めたときのためにも投資の勉強はやはりしていくべきだと思います。

また、資産運用をしないで貯金するだけでは、いつ使うかが変わっただけです。資産運用を行えば、全体として使える額が増えるため、人生で使えるお金の額が増加します。

医者が億り人になる方法まとめ

医者であれば、上記の方法で誰でも再現性の高い方法で10年で総資産一億を形成することができます。

自分はこれからも月70万貯めるのと、投資の勉強続けていきたいと思います。もし、投資が上手くいかなくても、バイトを増やして目標のためにしっかりと進んでいきたいと思います。何か質問があればコメントください!

コメント

  1. maru より:

    こんにちは

    以前質問させていただいたMaru です

    先生は三十代で億り人を目指されているようですが、精神科医として働く上で幅を持たせるために、専門医取得後の大学での勤務を考えてはおられないのでしょうか。

    また、億り人を達成された後のライフプランを今考えておられる範囲で教えていただければ幸いです

    • mentalistootsuka より:

      こんにちはMaruさん。いつも読んでいただきありがとうございます。

      大学病院は学生&研修医で働きました。また、研究を手伝ったりもしたのですが、自分はあんまり楽しくなかったです。
      研究の経験や大学病院でのカンファなどはお金では買えない経験だと思うので1年程度は大学での勤務もありなのかなと思っています。希望は出しませんが(笑)
      個人的には急性期を見ている市中病院のほうが、実践的な勉強にはなるかなと思います。忙しいとは思います。
      Maruさんに対してのアドバイスとすると、初期研修医のうちにめぼしい病院は回っておくのが良いと思います。

      億り人になったらどうしようということは特には考えていないのですが、一億の資産を年利5%で運用すると、年間500万円程を不労所得として受け取ることができます。
      仕事を辞めようとは思っていないので、そのまま資産を増やしていくことに注力するのかなーと思っています。
      また、家族も作って、子育て等頑張っていこうと思っています。
      そうやって生きていく中でやりたいことが見つかったらそれに向かって頑張るって感じですかね。
      今のところは一億貯めたいっていうのが大きな目標です。

      長文失礼しました(>_<)

      • maru より:

        ご返信ありがとうございます。

        やはり大学での経験も貴重なものなのですね。自分が何を重要視するかですね。
        これからもブログ応援しています!

タイトルとURLをコピーしました