Google AdSenseで「コロナウイルスの影響で審査できない」と審査に落ちても改良すれば受かりました!実際に改善した点をお伝えします。

ブログ運営

5月頃からgoogle adsenseを申し込んでいたのですが、コロナウイルスで審査ができませんと出て困ってしまいました。普通であれば改善点を大まかには教えてもらえるのですが、コロナウイルスで審査できないと出ると困ってしまいますよね。

今回色々改善したところ google adsenseに受かりました!同様の悩みを抱えている方の助けになれば幸いです。

google adsenseから届いたメール

google adsenseに受かるために実際に改善した点のまとめ

結論から言うと、一般的にgoogle adsenseを受かるためにするといいとされていることを素直にやっただけです。実際にやったこととしては

  • 投稿が少ないカテゴリーの記事は下書きにしたり、カテゴリーをまとめた
  • your money your life関連の記事で特に健康系は削除した(自分は医者なんですけどね)
  • 自分のブログ内で冒頭等、同じ部分はできるだけ省略したり、変更してかぶりを減らした。
  • 移転元のはてなブログを検索エンジンから検索できないようにした

最後の移転元のはてなブログの話を補足すると、無料ではてなブログでやっていたのですが、ある程度のPVが獲得できたので独自ドメインを取得してブログを開始して、更にはgoogle adsenseも開始するという流れで今回のアドセンスへの登録を始めました。

そして自分の体感では移転元のブログを検索避けしたことが一番大きかったと思います。結構流入があったので無くなったのは残念なんですけど、時間がたてばまた移転先のこのブログが検索エンジンに登録されると期待しています。

自分はやっていないけれど、改善が必要だと思うところ

  • 画像は著作権フリーのものを使う
  • 記事の内容を充実させる
  • コピペチェッカーで自分の記事の独自性をしっかりと確認する
  • googleのガイドラインを読んで、差別的な言い回しや表現に注意する

ひとつづつ説明すると、

画像は著作権フリーのものを使う

これはまぁ当然ですね。独自性という観点では自分が撮った写真や書いたイラストが一番いいと思います。それだけで、記事にも実際の体験としての独自性がでるのでSEOとしても悪くないと思います。

記事の内容を充実させる

いろいろな噂がありますが、概ね20記事位、一記事2000文字程度がいろいろなサイトを見て目安とされていた文字数でした。自分の合格時は記事数は26記事、文字数は平均2200文字でした。PVは移転前は月5000程度ありましたが、現在は一日のPVが10程度なので、PV数は少なくても大丈夫だと思います。

コピペチェッカーで自分の記事の独自性をしっかりと確認する

同じような記事がどういう風に書かれているかちゃんとリサーチしてしっかり調べてから書くほど、無意識のうちに文が似てしまうことはあると思います。ただこれはインターネットには数多の文章がありますから、そこまで強く意識する必要はないのかなと。自分で考えて文章を書いていれば、自分の癖が自然と出てきます。

googleのガイドラインを読んで、差別的な言い回しや表現に注意する

自分はもともと穏やかな表現を心掛けていたのでそこまで気にしませんでしたが、文中の些細な表現でも意外と引っかかることが多いようです。お酒やギャンブル、国際結婚、違法なこと、医療情報などは気を付けたほうがいいと思います。

google adsenseに受かる方法まとめ

いろんなサイトを参考に書かれていることを愚直にやっていくしかないと思います。ブログを移転して申請した身としては、自信のある記事だけを移してgoogle adsenseを通したあと、本格的にブログを運営したほうが、改善する記事も少なくて済むので良いと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました